都市ガスとプロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスの違いは、原料にあります。


原料となるガスの性質が違うため、供給方法や料金も異なります。

満足度の高いプロパンガスの都市ガスとの違いの情報をお届けします。

都市ガスの場合、使われるガスはメタンを主成分とした液化天然ガス(LNG)になります。このガスの特徴としては、-162度まで冷やすと液化、体積が600分の1になることが挙げられます。
一方プロパンガスの場合、使われるガスはプロパンやブタンを主成分とした液化石油ガス(LPG)になります。


このガスの特徴としては、-42度まで冷やすと液化、体積が250分の1になることが挙げられます。

また液化天然ガスは空気よりも重いという特徴があります。



このように液化天然ガスは圧力等を調整し、温度をかなり下げないと液化しません。
けれども液化さえしてしまえば、その体積はとても小さくなります。

一方液化石油ガスは冷やす労力は液化天然ガス程必要としませんが、体積は液化天然ガスよりも大きくなってしまいます。

このガスの特徴の違いが、都市ガスとプロパンガスの供給方法の違いにつながります。
都市ガスの場合、液化天然ガスが入ったタンクから圧力を調整しながら管を通らせてガスを液化させていきます。



こうすることで一気にガスを冷却、液化することができるからです。

そしてその管は地下を通り、各家庭まで通じます。

一方プロパンガスの場合は、ガスタンクにガスを充填、各家庭にガスタンクを設置します。


各家庭にガスタンクを置くので、比較的容易に設置することが可能です。